スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプレッサG4燃費



これまた郊外道路+自動車道主体の片道50km通勤中心の使用方法ですが、アベレージで15.5km/Lです。
純正エコタイヤ装着の先代のXVはカタログ燃費を超えましたが、純正でスポーツタイヤを履いているG4はカタログ燃費15.8km/Lを突破するのはちと厳しいようです。

にほんブログ村 車ブログ スバルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

50000アクセス御礼



累計アクセス50000超えました。これで自分も五万と居る中の一人になれた感じw
御愛顧ありがとう御座います。これからも緩く長が~く続けていきたいと思います。

ジーニアス4



新たな相棒インプレッサG4です。

他のカラーなど眼中に無くディープブルーを選んだのですが実車を目の当りにするとエッこれブラックなんじゃね?と見間違うほど思いっきり群青色です。他車種のブルー系とはかなり色味が違いますので検討中の方は御注意を・・・まあ私は後悔はしていませんがw
目下業績絶好調のスバルが長期で進めていたコンポーネント世代交代計画の最終項目であるプラットフォームの更新がされた最初の車種であり、エンジン・トランスミッション・シャーシと正にオールブランニュースバルな車ですね。(逆に今までのスバルの集大成が現行WRXSTIですが)
乗り味は新プラットフォームの影響が大きく、従来は柱で持たせていた剛性が強固な箱に成ったような感覚です。ハンドリングもトルクベクタリングが効いているのか強烈に曲がりますし、ちょっとやそっとでは破綻しそうにありません。エンジンもFIの設定が適切なのかIモードでも加速に不満がありませんし、ロングストロークなのでパフォーマンス系のエンジンでは無いはずなのですが、控え目ながら乾いたスポーティーな音質で、スムーズに回って動力性能に不満が有りません。(レガシィの様に上品な音色とは違い差別化している模様)内装もテレスコの調整範囲が拡大されて体勢が合わせ易いですし、質感が格段にブラッシュアップされていて、総じて良い物に乗っている感が強いです。走行感覚としてはシャーシ性能が勝っている性もあり、特段スポーティーと言う訳ではなくダイヤモンドグラフでは全体的にバランス良く高得点と言った感じです。前車のXVでは殆どクルーズコントロール任せの運転だったのですが、G4では下道で積極的にアクセル操作したくなります。

まあ気になる点も無い訳ではなく、アイサイトの車線維持機能は不完全で自分ではみ出して自分で警告する一人呆け突っ込みしますし・・・(現状ではイスラエルのカメラには敵わんらしい)プラットフォームの性能が上がりすぎた性で曇りが晴れた言うか、今まで暈されていた部分が露になっています。発進時と高速のクルコン時にCVTなのかVDCなのか時折駆動系に滑り感がありますし、高速走行でサスペンションの路面の細かい凹凸のイナシが上手く行っておらずフラット感が今一です。低速時でのハンドリングも切り始めの重さが気に成ります。総じて今までの数段高い次元での車全体のセッティングがまだ不完全で、これは新たに動的質感を国産車の価格帯に持込んで来たスバルの今からの課題だと思います。
エクステリアのデザインに於いても低重心感を強調する為か、いやに低いグリル位置と、同じくグリル周りの絶壁感、レヴォーグの時からですが妙にファットにみえる後席ドアの後端周り、ヒエラルキーを鑑みてか全くデザインされていないリアバンパー下部、申訳程度のマフラーカッター、あえて高級感を出すことを避けているリアライト形状と、ディテールでは気に成る点も少々有りますが、フォルム的にはビックキャビンのFFベース車を破綻無くデザインしていると思います。
インテリアではこちらも差別化の為なのか電動シートのメモリー機能がオミットされていますが、これは実用面で早急にオプション設定すべきだと思います。あとサイドミラー格納スイッチが押しにくかったり、ピアノブラックが汚れやすかったり、モール類は個人的にミスティウッド調にして欲しかったり・・・
まあそうは言っても痘痕も笑窪、好調な業績を商品に還元している感も有り、とても上質な車である事には変わり在りません

にほんブログ村 車ブログ スバルへ
にほんブログ村

さらばXV



散々迷いましたが車を乗り換える事にしました。

3年半、82000kmの御付合いでした。
前車のB4と比べるとメンテナンスパックに入っていた事も有るかもですが、初期トラブルどころか故障自体が全く有りませんでした。昨今ダウンサイジングターボが持て囃されていますが、やはり耐久性の観点からはNAが圧倒的に有利と思います。実用的な道具として見ると、積載性が良く、路面の悪条件に強いクロスオーバーSUVはオンロードでの走行性能をハッチバックに近づける事が出来れば乗降性も良く大変優れた汎用性があり、新たな乗用車のスタンダードと言っても良いと思います。アイサイト2も最新のアイサイト3と比べて実用面では殆ど遜色ありません。
しかし、個人的には最低地上高が高いことによる腰高感にどうにも馴染めませんでした。また、XVが発売された時分はスバルの業績が低迷からの回復基調の時期だった事もあり、コスト的にコンセプトや内容で妥協や迷いが有ったと思います。FIセッティングは低燃費のトレンドに流され出だしが悪かったし、エンジン音も燃費最優先で考慮されずガサツでした。遮音材もコストカットされており雨音はバラバラ響くし、外気温の断熱性も悪かったです。(この点は後期型は解消されたハズ)車体剛性もボンネット周りがエントリークラスとしても弱く、ノーマルでは従来のスバル独特のフロントウィンドーのピキピキ・カタカタ音が解消されていませんでした。
タワーバーやサブコンを追加し、マフラー交換して性格を変えてもらう様、努力しましたが、やはり車としての基本特性は大きく変わるものでは無い様です。
ですが、個人的には運転感覚的に不満はあれど、車としてスタイルや安全性も含め、道具として高レベルにバランスしていたと思います。

車検も済ませてマダマダ御付合いするつもりでしたが、魅力的な下取り価格を提示されたのを機に御別れする事に成りました。
さらばXV短い間だったけどありがとう。

にほんブログ村 車ブログ スバルへ
にほんブログ村

レヴォーグ・WRXに望みたい事



XVに乗っていてインプレッサ系内装の最大の不満点は、サイドドアの内張りの造形が実用的に過ぎ抑揚に乏しく安っぽい事でした。スバルとしても認識しているのかフォレスターだけは対策がされていますが(なんでだ?)レヴォーグ・WRXは基本的に同形状です。サプライヤーの金型のローテーションとか大人の事情は有るのでしょうが、レヴォーグは最低後2年、WRXは3年現行型を売る事を考えると、カバーやモール等の小手先の誤魔化しではなく、マイナーチェンジでフロントドアの内張りを総取替えして貰いたいと強く思います。

にほんブログ村 車ブログ スバルへ
にほんブログ村
カウンタック
ブログランキング
クリックすれば幸せになれるかも~WASIが^^;

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

Sonic Bang

0721(仮)
FC2プロフ
CDのネット購入はこちらへどうぞ
HMVジャパン
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2636位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
86位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。