スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドフォン・リスニング プレジャー

ヘッドフォン・リスニングのシステムが満足できる音色に到達したので、現状の雑感などを・・・
00000003_main_convert_20140121212541.jpg

オーディオを趣味とする以上、スピーカーにしろヘッドフォンにしろ、そのシステムの音楽再生の音色に感動出来なければ何の意味も有りません。
ブックシェルフスピーカーを中心に(純粋にブックシェルフとかニアフィールドリスニングと言うとシステム構成的に語弊があるが・・・)システムを組んでいた時分は、たとえ箱庭的であろうが音像定位の確かさによる、演奏空間を切取ったかの如き音場感の再現に心を奪われたものでした。
対してヘッドフォンリスニングでは空間表現は頭内定位となる故に、自然な音場の再現性はブックシェルフには及ぶべくもありません。敵わない物があるのであれば、他の何がしかの能力で圧倒的な優位性が無ければ劣化した代替品に過ぎず、同レベル感動を得ることは出来ないでしょう。
ならばと、ヘッドフォンの持つスピーカと比しての格別な能力を探し求めていた訳ですが、最近その能力の存在に確信が持てました。それは、他の発音体では成し得ない近接した音源の豊かな情報量によって再現される、アーティスト達の演奏時の意思疎通の伝播です。更には作曲・作詞家の演出思考の言説とも言えます。ただし、これは非常に厄介なのですが、ただ情報量が高ければ到達出来る訳ではなく、同時にノイズレベルもそれ相当に低くなければ再現できないと思われるのです。ハイエンドなヘッドホンアンプは高い情報量と代償にハイゲイン化して機器内ノイズが下がり切らない機種も多い為、ノイズレベルの低減が意外に大きな壁になるのです。

素の状態でも現代ヘッドホン中、最上クラスの能力を持つゼンハイザーHD800ですが、ハイエンドバランスアンプによるチャンネルセパレーションの確固たる安定感を加え、プリアンプの導入で空間表現の卓越した技巧を加味し(ヘッドフォンアンプの動作を楽にさせる意味合いも兼ねる)更にクリーン電源の投入でシステム全体のS/Nを大幅に改善する事によって、ようやくスピーカーでは実現困難な領域を持つ、感動し得る音楽再現に到達しました。

以上の経験上、ヘッドフォンリスニングのハイクオリティーな音楽再生に於ける最後のカギは、『ノイズレベルの低減に有り』と感じております。
2chオーディオの機器を流用する事で出費は抑えられましたが、総額でヘッドフォン単体の凡そ10倍の前段機器を奢った構成となりました。正直、一からヘッドフォンに出費するとなると甚だ躊躇する金額ではありますが(特にプリアンプは・・・)それほどの器量を秘めたヘッドフォンが市場に存在する事は、素晴らしい時代であると思います。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ



ブログランキングならblogram
アンプのスイッチを入れるがごとくポチッとな\(`д´)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

カウンタック
ブログランキング
クリックすれば幸せになれるかも~WASIが^^;

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

Sonic Bang

0721(仮)
FC2プロフ
CDのネット購入はこちらへどうぞ
HMVジャパン
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2026位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
77位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。