FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せにする為に騙すのは罪なこと?

あくまで個人的意見なので悪しからず。
products_zoom (500x445)
TAD : コンパクト・エヴォリューション1

自由試聴かと思ったら普通のメーカー試聴会で、偶々開演前にオーディオ店入ったので参加してきました。

如何でも良い事ですが、TADのスピーカーはエヴォリューション1とかリファレンス1コンパクト・リファレンス等ネーミングがカナリ紛らわしいです。この価格帯のスピーカーを購入する人はまず間違わんだろうから問題ないんだろうが・・・

先ずは外観ですが日本製高級スピーカーと言う事で仕上げは卆無く丁寧です。(後部のラウンド部に凸が有るのが多少気に成りましたが)一応ブックシェルフ型との事ですが、言葉通り本棚に押込むのは最早、非現実的なサイズです。まあこのクラスのスピーカーを本棚に置く様な御仁は中々居らんでしょうが。
音色はKEF程の過剰とも思える強固は定位感はありませんが、同軸型の優位性を感じさせるに十分な音像定位と何より同軸型が往々にして感じさせる中高域のザワザワした質感が無い事がこの発音方式を旨く料理しているなと感じました。
大変緻密で立体感のある音色で体感的な低音こそ有りませんが、スピーカーの外側まで端正に音場を展開してくれます。
なのですが、コンシューマー用途と言うにはコレは余りに地味な音です。正確性を第一義とした様な温度感の低い音色はモニター用途としては良いのでしょうが、リスナーを音楽に引込みトランスさせる魅力が根本的に欠けています。
TADはプロモニター用途の出自と言うこともあり特にその傾向が強いのかもしれませんが、国内メーカーは全般的に特性を第一義とし正直で生真面目すぎる音の性格が強いと感じます。そして音造りでユーザーを謀る事は罪であると言う意識が日本人技術者の意識の根底に有るのではないかと思うのです。
しかし、私はたとえ其れがマヤカシで有ろうとも物理特性を補完し、使い手を幸せにする為の欺きは、それを堂々と公言できる限りはオーディオに於いては罪にならないと思うのですが。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ



ブログランキングならblogram
アンプのスイッチを入れるがごとくポチッとな\(`д´)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

カウンタック
ブログランキング
クリックすれば幸せになれるかも~WASIが^^;

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

Sonic Bang

0721(仮)
FC2プロフ
CDのネット購入はこちらへどうぞ
HMVジャパン
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
1323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
58位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。