FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その音質に10倍の価値は有るか

最近マニアックな方向に全力で逸れて行ってますが・・・



エントリークラスとメーカーアッパーエンドのデジタルケーブルでは極端な音質差は有るのか?
同クラスのデジタルケーブルでさえも音色の差異が想像以上に有ると解ると、手の届く物は試さずに居れないのがオーディオマニアの性でして・・・
まあ駄耳なんで違いが解らなかったらヤフオクで出品すればイイか~と軽い気持ちで試してみました。
サエク DIG4000 です。オヤイデ FTVS408SRと比べるとその定価比10倍以上。まあメリケン産の化物ケーブルとかと比べると安いかもですが・・・

結論から言えば、確実に音質差は有りました。個人的には(金銭的に)残念ながら
まず期待していたのがサラウンドステージの再現性ですが、個々のアーティストがホログラフィックに浮び上る様な音像の変化は有りませんでした。まあケーブル交換したぐらいでそんな変化が有ると焦るかもですが・・・
エントリークラスと比べての顕著な差は低域の解像度が明らかに高い事です。これまでバスドラや低弦キーと混濁していたベースの響きが分離して鮮明に聞分けられる処にオーディオ的快感があります。
そして全体の帯域の佇まいと言うか、バランスが好適で、聴かせ方が巧いのです。特に違いが大きいのが弦の表現です。FTVS408SRではバイオリンなど痩せ気味でヒステリックに響く事があり、正直、室内楽等クラシックのソフトから最近食指が遠のいていたのですが、DIG4000は弦の響きに厚みがあり不快な刺激が無く聴いていて安心感があり満足度が非常に高いです。
ロックやポップス、スインギーなジャズ等アップテンポなソフトであればFTVS408SRが適する場合も有ると思いますが、クラシックやインテリジェンスorリリカルなジャズでは圧倒的にDIG4000が好ましく、システムから外せなくなってしまいました。

メカニカルな面ではコレクトチャック式のプラグがとても扱い易いです。受け側も差し側も端子の損傷の心配がなく確実な結線が可能な優れ物ですので、ある程度以上の価格帯のケーブルには全て標準装備してほしいですね。
(モンスターなど下手したら受け側を破壊しますから・・・)

最近のケーブルの販売文句では線材の種類や純度をアピールしている事が多いですが、同じPCOCC-Aを使用していてもオヤイデAS-808Rとは別物で(御値段も桁が違いますが・・・)線材の種類よりは線径や導体構造、絶縁体や外装被覆等のケーブル全体の設計手法の方が余程音質に与える影響が大きいと思います。オーディオ製品は音質が(良い方に)変わらなければ商売が成立たず、そこにこそノウハウが有り、ある意味デジタルケーブルでは不可能を可能にするメーカーの執念を感じます。少数のユーザーが相手の市場ゆえ開発費も含め高額に成るのは無理なからぬ処なのかもしれません。

486.jpg

Sokratis Sinopoulos : Eight Winds

ギリシャの古楽器、竪琴ライラを中心としたクァルテット。ハープの様な爪弾く楽器かと思ったら弓で弾く弦楽器でした。西洋楽器ながら寂寞として、荒野を吹き抜ける乾いた風の如き音色が、何処かオリエンタルな感覚にも通ずる馴染みの良い癒される一枚。

このCDなどは弦に厚みが出て更に魅力的に聴けるようになりました。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ



ブログランキングならblogram
アンプのスイッチを入れるがごとくポチッとな\(`д´)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

カウンタック
ブログランキング
クリックすれば幸せになれるかも~WASIが^^;

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

Sonic Bang

0721(仮)
FC2プロフ
CDのネット購入はこちらへどうぞ
HMVジャパン
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
1323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
58位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。