FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乖離

諸事情によりブログ休止しておりました。のんびり再開します~

最近、衣料量販店に行ってトップスを物色していると、男物の棚に淡いピンク色のTシャツが積まれていました。地方の店に置いてあると言う事は全国展開している商品で、それでも売上が上がる思惑で流通させているハズです。私は幼少の頃、青は男の色、赤は女の色的な風潮の中で育った世代なので、最近の若者はこんな色のトップスをサラッと着こなすのか~と軽いジェネレーションギャップを覚えた次第。オールドタイプですな・・・

翻って、オーディオにも世代によって好まれる音質が有るのかなと思う。やはり自分が一番よく聞くジャンルに適合するコンポーネントなりシステムを自然と選択するはずで、ジャンルが違えば求める音色も全く別物になるのが正常だろう。最古参のラックスがアニソンを音決めのレパートリーに加えた程なのだから。

20160113185423_ESS-ES9038PRO-BWeb.jpg

B&Wが買収されたそうだ。800D3シリーズの売上が予想外に上がらず業績が低迷していたのだろう。
B&Wフリークとしては最近のB&Wには大いなる勘違いが有ったと思う。B&Wが特に日本で評価されていたのは、世界最高峰のスピーカー技術を大袈裟では無く、他社比の半額で提供していた強力なバリュー感である。それが比較的高価な商品であろうとデフレの日本で抜きん出た評価を得ていたのだ。
それを何を思ったのか、明らかに生産コストの安いCMシリーズにかつてのノーチラスシリーズと同じ価格付けを行い、ミドレンジ以外に大して改良の見られない805D3や804D3に倍するプライスタグを設定してきた。
彼らは己の技術力のみが市場に評価されブランドが確立したと傲慢な思い違いをしていたのだろう。それでは全体の売上が下降するのも当たり前だ、製品自体に魅力が無くなったのだから。

B&Wに限らずオーディオメーカーと、一般的なユーザーの感覚には大きなズレが生じている様に感じる。

それを最も感じるのが高級DACだ。何故、ほぼ全ての高価なDACは、音声処理を行うDACチップ基盤部をスロットルイン方式等で簡便に最新仕様にバージョンアップ出来る様に商品企画しないのか。
多くのメーカーは、少なくとも分解能に関しては新世代のDACチップが開発されれば数年でゴミと化す箱に、どうして高額な費用を払うユーザーが大勢存在すると考えられるのだろう。

環境問題的に考えても高額なコストが掛かる筐体が、内部基盤が時代遅れになるだけで用済みに成るのでは明らかに地球環境にとってマイナスだ。

真っ当な高額商品の企画とは富裕層が道楽で購入するだけでは無く、一般層が憧れを抱いて購入努力が出来る製品を造る事では無いだろうか。

数十万、数百万は安い買物だろうか、これを買えば十年以上は間違いなく満足できる。高額のDACに於いて、そういった夢を感じさせる製品が一切見当たらない。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ



ブログランキングならblogram
アンプのスイッチを入れるがごとくポチッとな\(`д´)ノ

コメントの投稿

非公開コメント

カウンタック
ブログランキング
クリックすれば幸せになれるかも~WASIが^^;

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
ブロとも一覧

Sonic Bang

0721(仮)
FC2プロフ
CDのネット購入はこちらへどうぞ
HMVジャパン
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
1323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家電、AV機器
58位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。